VBAとは?プログラミング初心者は学ぶべき?をわかりやすく解説します!

ウサギ
ウサギ

VBAって、どんなプログラミング言語なの?

勉強したほうがよいプログラミング言語?

イヌ
イヌ

VBAだね!

できるだけ、わかりやすく解説するね〜

ウサギ
ウサギ

お願いします〜

本記事の内容

・VBAについて
・プログラミング初心者はVBAを学ぶべきか
・初心者におすすめのプログラミング言語

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社でエンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

この記事を書いているイヌは10年前、独学でプログラミングを始めました。

プログラミング学習を始めようとすると、いろいろなプログラミング言語があって、どの言語から始めたらよいか、わからないですよね。

今回は「VBA」というプログラミング言語について、初学者に向けてわかりやすく解説します!

気楽に読み進めてもらえればうれしいです!

VBAについて

VBAは、1993年に発表されたプログラミング言語です。

Visual Basic for Applicationが正式名称で、Microsoft Office(ExcelやAccessなど)に組み込まれていて、パソコンにOfficeさえインストールされていれば、すぐにVBAを利用することができます。

VBAを利用すると、例えば、Excel上で、マウスやキーボードで1つずつポチポチやっているような大量な定期的な作業を、ボタン1つで一気に片付けられるようなプログラミングを書くこともできます。


また、VBAと同じ文脈で「マクロ」というキーワードがでてきます。

マクロは「作業手順を記録して、自動的に実行できる機能」です。

マクロとVBAの関係は「マクロを記録する」=「VBAでコードを書く」です。

マクロを記録すると、裏で自動的にVBAのコードとして保存されています。

そのため、いきなりVBAでプログラミングを書くのではなく、簡単な手順をマクロで記録して、そのマクロで生成されたVBAのコードをみてみましょう。

どのような動きが、どのようなプログラミングのコードになっているかが比較できるので、コードの導入として、よい勉強になると思います。

プログラミング初心者はVBAを学ぶべきか

事務作業として、Excelを利用していて、毎回同じような作業を手作業で行っていて、どうにかしたい!という意識があるなら、VBAを始めることをおすすめします。

マクロも合わせて使いながら学んで行けば、それほど難易度は高くないので、すぐにExcel作業を効率化できるはずです。

もしあなたが、Webアプリケーションを作りたい。iOSやAndroidアプリを作りたい。ということであれば、VBAは学ぶ必要はありません。

それぞれの目的に応じたプログラミング言語を選ぶことをおすすめします。

初心者におすすめのプログラミング言語

イヌがおすすめする初めてのプログラミング言語は、JavaScriptです。

パソコンとブラウザがあれば、プログラミングを体験できるので、手軽さでは圧倒的にナンバーワンです。WindowsでもMacでも手軽にプログラミングを始められれます。

もしMacをお持ちであれば、最初からRubyやPythonがインストールされているので、RubyやPythonから始めるのもよいですね。


JavaScriptもRubyもPythonも、プログラミング言語の基本は変わりません。

変数があり、関数があり、繰り返しがあり、条件分岐があります。

エンジニアは、はじめに深く学んだプログラミング言語が、考え方のベースになる傾向があると、イヌは思っています。

これは自然言語である日本語でも同じです。あとから英語を学んだとしても、重要な決断や考えることは日本語で考えることが多いでしょう。

できるだけ学びやすいプログラミング言語を選び、学んでいきましょう!


いろいろなプログラミング言語を以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧いただけるとうれしいです。

イヌ
イヌ

VBAの解説でした〜

WindowsかつOfficeが入ってるなら手軽にはじめられます〜

ウサギ
ウサギ

手元の作業から自動化できたら、うれしいね!

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です