コツコツ続けることの価値が上がっているかもという話

ウサギ
ウサギ

ふむふむ。

コツコツは大切だけど、価値が上がってるって?

イヌ
イヌ

昔と比べて、最近そんな気がするなーと思って。

ウサギ
ウサギ

へー、そうなんだ。

聞かせて〜。

どうも、イヌです。

近所のケーキ屋さんに行ったら、長蛇の列だったので、セブンイレブンで小さなケーキとチキンを買って食べました。

ケーキもチキンも美味しかったのでHappyです。


さて、コツコツ続けることの価値についてです。

今も昔も、なにかを身につけたり、成し遂げたりするために、毎日コツコツ続けることをは、とても大切なことです。

努力すれば、必ず報われるわけではないけど、成功したひとは、必ず努力しています。

(はじめの一歩の会長のセリフですね。久しぶりに読みたい。)

いまは完全に情報の流通が変わりました。

インターネットです。

もう少し具体的に言うと、ブログとSNSとYouTubeです。最近は音声配信も盛り上がってきています。

なにをいまさらと思いますよね。

でも最近YouTubeの話題、めちゃめちゃ見ませんか?

ネットニュースでもテレビの中でも、YouTubeのことばかり取り上げてますよね。

コレはただのお遊びだったYouTubeが完全に市民権を得た証拠にほかならないと思います。

昔は、情報の流通は書籍や新聞など、紙媒体でした。

続いて、ラジオが生まれ、一方通行ですが、音声で情報を伝えることができるようなる。

次に、テレビが生まれ、一方通行ですが、映像と音声で情報を伝えることができるようになりました。

インターネット以前は、紙媒体、ラジオ、テレビが主な情報源です。

インターネットが生まれるまでは、一般の人間が、広く不特定多数の人に、情報発信をすることは、ほぼできませんでした。

それぞれ、出版社・新聞社、ラジオ局、テレビ局が、その権利を握っていた訳です。

その後、インターネットが生まれました。

インターネットとソフトウェアの技術により、ブログが生まれ、SNSが生まれ、YouTubeが生まれました。

それまでは、権利者がOKを出さなければ、広く様々な人に、情報発信をすることができなかったのに、

出版社・新聞社に断りがなくても、ブログを書いたり、Twitterでつぶやけるようになり、

ラジオ局に許しを得なくても、ポッドキャストを配信できるようになり、

テレビ局に認められなくても、YouTubeで発信できるようになったわけです。


この「情報発信」について、コツコツ続けることが、普通の一般人において、信じられないほどのリターンが眠っているんだなぁと感じるのです。

ブログもそう、YouTubeもそう、Twitterもそう。

なんでもなかった一般人が、コツコツ投稿を続けることで、大成する可能性があるプラットフォームですよね。

そんなのできるわけない。とか、たまたま運が良かっただけだ。とか。

いろいろありますよね。

でも、昔は可能性すらなかった訳です。

だって、情報発信できないわけだから。

なんだったら、この現代でも自由に自分の言論を表に出せない国も合ったりするわけで。

そんなわけで、コツコツ続けていった結果、知名度なのか、収入なのか、自尊心の向上なのかは人それぞれですけど、何かしらに繋がっているのだろう。繋がりやすくなっているのだろう。と思ったりしています。


コツコツ情報発信するのって、結構大変なんですよ。

楽しんでドンドンできる人はその方向性でコツコツ続けていくと、いつか花開くんだろうなと思ったりします。

イヌもそうでありたいなぁ。

イヌ
イヌ

昔より色々できるようになったよね、ホント。

あとはやるかやらないか。

ウサギ
ウサギ

続けるって大変だもんね。

やりやすいなら、やりましょう。

またね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です