【完全初心者向け解説】プログラミングの始め方(5)実践練習編【もう迷わない】

ウサギ
ウサギ

プログラミングをはじめたいなーと思ったんだけど、何から初めていいか、わからない。

プログラミングを頑張るぞ!という気持ちはあるけど、最初の一歩をどうしたらいいんだろうか。

プログラミングの始め方を知りたいです〜

イヌ
イヌ

なるほど!

プログラミングの始め方を知りたいんだね!

順を追って説明するね〜!

ウサギ
ウサギ

やった〜!

プログラミングの始め方(4)学習手順編を読んでない人は、まずは前の回を読んでね〜

本記事の内容

この記事では「プログラミングの始め方(5)実践練習編」についてを解説します

プログラミング学習の始め方

  1. 目標設定編:エンジニアとして就職する
  2. 環境準備編:パソコンを用意する
  3. 基礎理解編:プログラミングとは
  4. 学習手順編:基礎学習→簡単なWebアプリを作る
  5. 実践練習編:自分のWebアプリを作り、本番リリースする← こちらの記事

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社の合計3社で、エンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

読者のみなさんへのメッセージ

この連載記事は「プログラミングを始めたいけど、最初の一歩が踏み出せない。なにから始めたらよいかわからない」という人向けに書いています。

この連載記事を読み終わったら、

  1. どう目標設定したらよいか
  2. 具体的なプログラミングの始め方
  3. エンジニアとしてのキャリアの重ね方

がわかるようになります。


イヌはプログラミングを学んで、人生が大きく動き出しました。

あなたもプログラミングを学ぶことで、その可能性があります。

昔の自分が知っておきたかったことを、この連載でお伝えしますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。


この記事は「プログラミングの始め方(5)実践練習編」です。

前回の記事「プログラミングの始め方(4)学習手順編」をまだお読みでないかたは、こちらからお読みください。

実践練習:自分のWebアプリを作り、本番リリースする

前回の記事で簡単なWebアプリをつくりました。

Webアプリケーションの大まかな流れはつかんだと思います。

引き続き、いくつか簡単なWebアプリを作って、GitHub Pagesで動かしてみます。

開発ネタとしては、有料ですが、ドットインストールの「JavaScriptでミニアプリをつくろう」がとても良いと思います。


ある程度、開発になれたら、自分オリジナルのWebアプリを作ることに移ります。

自分でWebアプリを企画し、自分で開発し、自分で運用するのです。

プログラミングをはじめたばかりなのに、そんなことできないよ。と思いますよね。

そうです、自分でWebアプリを作り、運用するのは、なかなかに大変です。

実は、だからこそ差別化になります。

今はプログラミングスクールがとても流行していて、そのスクールの課題で作られているポートフォリオを元に、転職活動をしている人が多いです。

その似たようなポートフォリオが並ぶ中、

「自分のWebアプリを企画、開発、運用しています」

というキーワードは採用側に響きます。

実際に自分でWebアプリを開発するということは、

  • なぜそのWebアプリを作ろうとしたか
  • どのような技術でそのWebアプリを作ったか
  • どのようにそのWebアプリを利用されているか

など、総合的にWebアプリに関わる知識を、実体験で身につけられます。

第一回の記事でも伝えたとおり、お金を稼いだり、フリーランスになるという目標があったとしても、まずは自分でWebアプリを作って、企業に就職して実務経験を積むことをおすすめします。


これからプログラミングを学び、Webアプリケーションを作っていくにあたっては、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアのどちらかにウェイトを寄せて、作ることをおすすめします。

ちなみに前回解説した、

「JavaScript → HTML → CSS → Git → GitHub → GitHub Pages」

は、フロントエンドエンジニアでもバックエンドエンジニアでも、利用する技術なので、安心してください。

次に学んでおくべきキーワードを職種ごとに並べると

フロントエンドエンジニアであれば、

バックエンドエンジニアであれば、

  • Ruby / Python / PHP / Go / Node.js
  • MySQL / PostgreSQL
  • Docker / Docker Compose

です。

このチョイスは、イヌの独断と偏見です(笑)

ちなみに、Webエンジニアを目指すとなると、多くがバックエンドエンジニアを目指す人が多いのですが、イヌのおすすめはフロントエンドエンジニアです。

バックエンドエンジニアと比較して、フロントエンドエンジニアという職種が生まれて日が浅いことのあり、フロントエンドエンジニアが圧倒的に足りていません。

競争率という点からも、フロントエンドエンジニアの技術で開発を挑戦してみてください。

イヌ
イヌ

プログラミングの始め方(5)実践練習編でした!

プログラミング、難しいけど、人生変わるよ!

一緒にがんばりましょ〜

ウサギ
ウサギ

難しいけど、がんばるぞ!

またね〜

プログラミング学習の始め方

  1. 目標設定:エンジニアとして就職する
  2. 環境準備:パソコンを用意する
  3. 基礎理解編:プログラミングとは
  4. 学習手順:基礎学習→簡単なWebアプリを作る
  5. 実践練習:自分のWebアプリを作り、本番リリースする こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です