【完全初心者向け解説】プログラミングの始め方(2)環境準備編【もう迷わない】

ウサギ
ウサギ

プログラミングをはじめたいなーと思ったんだけど、何から初めていいか、わからない。

プログラミングを頑張るぞ!という気持ちはあるけど、最初の一歩をどうしたらいいんだろうか。

プログラミングの始め方を知りたいです〜

イヌ
イヌ

なるほど!

プログラミングの始め方を知りたいんだね!

順を追って説明するね〜!

ウサギ
ウサギ

やった〜!

プログラミングの始め方(1)目標設定編を読んでない人は、まずは前の回を読んでね〜

本記事の内容

この記事では「プログラミングの始め方(2)環境準備編」についてを解説します

プログラミング学習の始め方

  1. 目標設定編:エンジニアとして就職する
  2. 環境準備編:パソコンを用意するこちらの記事
  3. 基礎理解編:プログラミングとは
  4. 学習手順編:基礎学習→簡単なWebアプリを作る
  5. 実践練習編:自分のWebアプリを作り、本番リリースする

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社の合計3社で、エンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

読者のみなさんへのメッセージ

この連載記事は「プログラミングを始めたいけど、最初の一歩が踏み出せない。なにから始めたらよいかわからない」という人向けに書いています。

この連載記事を読み終わったら、

  1. どう目標設定したらよいか
  2. 具体的なプログラミングの始め方
  3. エンジニアとしてのキャリアの重ね方

がわかるようになります。


イヌはプログラミングを学んで、人生が大きく動き出しました。

あなたもプログラミングを学ぶことで、その可能性があります。

昔の自分が知っておきたかったことを、この連載でお伝えしますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。


この記事は「プログラミングの始め方(2)環境準備編」です。

前回の記事「プログラミングの始め方(1)目標設定編」をまだお読みでないかたは、こちらからお読みください。

環境準備:パソコンを用意する

プログラミングはパソコンでおこないます。

iPadやSurfaceのようなタブレットなどもありますが、基本はパソコンを利用し、キーボードでタイピングし、コードを書くことになります。

タッチタイピングは、キーボードで何度も繰り返し入力することで早くなります。

日本語入力に自信がない人は 寿司打 から。
日本語入力はそこそこできる人は e-typing の英語タイピングで練習することをおすすめします。

なぜ英語タイピングなのかというと、プログラミングのソースコードは基本、英語で構成されるので、日本語より英語のタイピングスピードが大切です。

時間を見つけて、練習してみましょう。


開発機としてのパソコンは、大きくわけてWindowsとMacがあります(他にLinuxというOSもありますが、初学者にはハードルが高いので割愛します)。

持っているパソコンを使う場合

パソコンをすでに持っているのであれば、WindowsでもMacでも構いません。

まずは、そのパソコンで学習を始めることをおすすめします。

完全にプログラミング初心者で、最初はProgateをブラウザで試してみることをおすすめします。

他にブラウザだけで学習できるサービスにCODEPREPというのもあります。

Progateは学習の流れを導いてくれる一方、CODEPREPはアラカルトメニューのような感じですね。

どちらのサービスもブラウザがあれば利用できるので試してみてください。

新たなパソコンを買う場合

もし、プログラミングを始めるために新たなパソコンを買うのであれば、Macをおすすめします。

昔は、Macbook Pro一択だったのですが、2020年11月にM1というMac専用CPUを搭載した新型Macbook AirやMacbook Pro、Mac miniが発売されました。

これは圧倒的にパフォーマンスがよいそうなので、これからプログラミングを始める人であれば、値段的にもMacbook Airでよさそうです。

(※ 2020年11月現在、M1搭載のMacでは、一部開発環境が対応できていないとの話を聞きます。ただ、それほど遠くないタイミングで各種開発環境が問題なく利用できるようになると思いますので、M1を購入してもよいかとは思います。)

余談ですが、イヌはこの発表のちょっと前に、旧Macbook Proを購入したのでした。。。購入できる人がうらやましいです。

https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/macbook-air

ちなみに Apple は24回まで金利がかからないショッピングローンも利用できるので、一括での購入が厳しい人はショッピングローンを検討してもよいですね。

なぜ新規で買う場合にMacをおすすめするのか

Macにはシステム開発に必要なツールが、最初から入っていることに加え、あとから追加するツールも簡単にインストールすることができるので便利です。

パソコン自体の知識とプログラミングの開発環境をどう構築するか、わかっている場合は、Windowsでも同様の環境を整えることもできます。

この手元のパソコンに開発環境を整えることを、ローカル開発環境の構築とよんだりしますが、ただ、どうもイヌが観測する範囲では、Windowsでローカル開発環境を整えるのは難易度が高いようです。

Ruby on Rails(略してRailsと呼びます)というWebアプリケーションフレームワークを学習するにあたって、Windowsだと、Rubyというプログラミング言語を新規でインストールする必要があるのですが、このインストールがうまくいかないケースをよく見ます。

ちなみにMacですと、Rubyはすでにインストールされているので、RailsだけをセットアップするとOKです。

ProgateやCODEREPのようなブラウザでの学習から、ローカル開発環境への移行が、プログラミング初心者の一つのハードルになっています。

新たに学ぶことはできるだけハードルが低いほうが良いと思うので、開発環境が最初から整っているMacがおすすめです。

イヌ
イヌ

プログラミングの始め方(2)環境準備編でした!

できれば、Macをおすすめします!

一緒にがんばりましょ〜

ウサギ
ウサギ

やること少ない方が安心だね!

第3回目もよろしく〜

またね〜

プログラミング学習の始め方

  1. 目標設定編:エンジニアとして就職する
  2. 環境準備編:パソコンを用意する こちらの記事
  3. 基礎理解編:プログラミングとは ← 次はこちら
  4. 学習手順編:基礎学習→簡単なWebアプリを作る
  5. 実践練習編:自分のWebアプリを作り、本番リリースする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です