【便利】なんだかんだ実務でいちばん役立ってる Googleスプレッドシート関数 3選

ウサギ
ウサギ

Googleスプレッドシートの関数ってたくさんあって難しいけど、
ウサギ的に「なんだかんだ言って、実務でいちばん使ってる!」
という関数をピックアップして紹介したいと思います!

イヌ
イヌ

おー、見てみよう、見てみよう!

表計算やリスト管理などに使う「表計算ソフト」として、Excelと並んでよく使われているのが「Google スプレッドシート」。

ウサギは日頃マーケティング業務・データ分析でかなり利用する機会が多いです。

今回はそんなウサギ的・なんだかんだ実務でいちばん役立っている、Googleスプレッドシート関数 を3つピックアップしてみたいと思います!


(なお、SUM関数や AVERAGE関数などの四則演算に関するものは今回除外して、ピックアップしました。)

前提 : やっぱりVLOOKUPは登場回数 No.1

前提として、縦方向にデータを検索し照合してくれる「VLOOKUP関数」はやはり実務でも登場回数ナンバー1です。関数を勉強しはじめて一番にぶつかる壁がVLOOKUP関数だったりもしますが、覚えて損なし。

というわけで、特に VLOOKUP関数とあわせ技で使うと便利な関数を選んで以下に紹介していきます。

なんだかんだいちばん実務で役立っているGoogleスプレッドシート関数 3選

「INDEX」 と 「MATCH」

VLOOKUP関数をバリバリ使えるようになった頃、次にぶち当たる壁が「データを右方向から検索・照合したい」ではないでしょうか。「vlookup 右」と何度ググったことか。。

この INDEX関数と MATCH関数を組み合わせれば、右方向からのデータ検索・照合ができるようになります。

もう、「vlookup 右」何度も何度も検索してしまう呪縛から、ついにサヨナラ…!

「INDEX」 と 「MATCH」 使用例

企業リストに、別表の売上を検索・照合するケースを考えてみましょう。

VLOOKUPで…と思ったら、照合したい「売上」のF列が、検索キーであるidの左にあり、右から検索しないといけないことに気づきます。

こういった場合には、「INDEX」関数と「MATCH」関数を組み合わせて使います。

INDEX 関数とは

INDEX(インデックス)関数は、指定した範囲の「どの列」「どの行」か場所を指定して値を取得する関数です。

=INDEX(配列, 行番号, [列番号])
MATCH関数とは

MATCH(マッチ)関数は、値を指定して、それが何番目の列(行)にあるのか場所を取得する関数です。

=MATCH(検索値, 検索範囲 [,照合の種類])

では実際にINDEXとMATCHを利用して先ほどの企業リストに売上を取得すると、以下のようになります。

=index(F1:G4,match(A2,G1:G4,0),1)

=index(照合したい配列の範囲, match(id, 照合したいid列, 0), 売上列が何列目か)

これで右方向からの検索・参照ができました。

「IMPORTRANGE」

異なるスプレッドシート間をまたぐ参照ができるスプレッドシート関数です。

別のスプレッドシートを参照してのVLOOKUP関数も利用できて、大変便利です。

使用例

たとえばこんな売上一覧のスプレッドシートから、別のスプレッドシートへVLOOKUP関数で値を参照したい場合、

(※ スプレッドシートidとは、スプレッドシートを開いたときのURLのこの部分の文字列のこと)

IMPORTRANGE関数を用いると以下のような参照が可能です。

これで異なるGoogleスプレッドシート間での値の参照が可能になります。

※ 初回の連携時はシート間のアクセス許可を承認する必要がありますので注意してください。

「ARRAYFORMULA」

VLOOKUP関数などを複数の行(または列)にわたって関数入力したい際、いちどの数式入力で複数行(列)に数式を適用できる関数です。

「VLOOKUP関数が途中の行からコピペできてなかった・・・」

「関数がたくさんのセルに入力されていてシートが重くなって開けない・・・」

そんなお悩みとサヨナラできる関数です。

慣れるまで少し扱いにくいヤツですが、使い慣れると、「わたし、最高」と悦に入ることのできる、通(ツウ)な関数です(ウサギ調べ)。

使用例

VLOOKUP関数を、ふつうに対象セルすべてに入力すると以下のようになりますが、

ARRAYFORMULA関数を使うと、ひとつのセルへの入力のみで済むようになります。

=arrayformula(vlookup(A2:A,$F$1:$G$4,2,0))

=arrayformula(vlookup(検索キーを範囲で指定,$F$1:$G$4,2,0))

↓すると

= ARRAYFORMULA〜を入力したセル以降にもきちんと数式が適用され、値が入ります

しかも2行目以降は数式としてではなく値として入力されるので、すべてのセルの関数を読み込む必要がなく、「スプレッドシートが重い」状態を避けることができます。

次点 : IFERROR

これは個人の好みの問題もありますが、エラーの「#N/A」が並ぶのが好きじゃない・・・という方はぜひ使っていただきたい関数です。

=IFERROR(値, エラーの場合の値)

このIFERROR関数をつかって、先ほどのARRAYFORMULA関数で使った表をキレイにしてみると以下のようになります。

↓その結果・・・

エラー表示「#N/A」が表示されなくなりました!

まとめ:スプレッドシート関数って奥深い

今回はウサギが個人的によく使っている関数をピックアップしてご紹介しましたが、スプレッドシートにはまだまだ便利な関数、機能がそなわっています。

はじめは少しとっつきにくいですが、思いきって使ってみるとその便利さに癖になるかもしれません。

ウサギ
ウサギ

理解したつもりでも、またわからなくなっていく。

それがGoogleスプレッドシート。

イヌ
イヌ

そんなに深淵なのか・・・

ウサギ
ウサギ

またGoogleスプレッドシートの別機能もご紹介できればと思います!

あでゅ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です