【便利】Googleスプレッドシートの「日付」に関する便利ワザ 3選

ウサギ
ウサギ

Googleスプレッドシートでよく使う、「日付」に関連する便利ワザをいくつか紹介しまーす!

イヌ
イヌ

おー、便利そう!

見てみよう〜見てみよう〜!

本記事の内容

  • Googleスプレッドシート実務でよく使う、日付に関する便利ワザ
    • 今日の日付を出力する「TODAY関数」
    • 曜日を表示する「TEXT関数」
      • おまけ:土曜日・日曜日だけ文字の色を変えたい場合
    • 「その他の日付や時刻の形式」
  • まとめ:日付ワザ、いろいろ活用してみよう

本記事の信頼性

ウサギ
ウサギ

・データ分析/マーケティング歴 10年以上

・SQL、Googleスプレッドシート関数を実務で多用しています

Googleスプレッドシート実務でよく使う、日付に関する便利ワザ

Googleスプレッドシートにデータを出力したり、まとめて分析したりする時に「日付ごとのデータ」ってかなりよく使いますよね。

今回はそんな時に活用できる、「実務でつかえる便利ワザ」を紹介します!

今日の日付を出力する「TODAY関数」

今日の日付を出力したいときにつかえるのが「TODAY関数」です。

= today()

※ Macを使っている場合:ショートカット ⌘+; でも表示可能

実用例

以下のように =today() と入力するだけで、今日の日付を表示できます。

また、この日付は毎日自動で更新されていくので、

  • つねに「今日」を発行日としたい請求書フォーマット
  • 「今日」までの累計を更新しながら計算したい集計

などに活用して、自動で更新していくことが可能です。

曜日を表示する「TEXT関数」

Googleスプレッドシートに日付ごとのデータを並べた際、「曜日を表示したい」という場合に使える関数です。

= text (日付, 表示形式)

実用例

以下のように、TEXT関数をつかって表示形式に “ddd” と指定すると、「水」と曜日が表示されます。

他にも、表示形式を “dddd” とすると 「水曜日」と『曜日』付きで表示することもできます。


おまけ:土曜日・日曜日だけ文字の色を変えたい場合

曜日を表示すると、次は「土曜日、日曜日だけ文字色を変えたい!」と思いますよね。

「条件付き書式」をつかえば実現できます!

色を変えたいセルの範囲を指定したうえで、

表示形式 > 条件付き書式 から、「土曜日」「日曜日」を含むテキストの場合の文字色を設定します。

すると、「土曜日」「日曜日」をそれぞれ含むテキストの文字色の書式を設定することができました。

「その他の日付や時刻の形式」

そのほかにも、

メニューの「表示形式の詳細設定」「その他の日付や時刻の形式」

という機能から、自分の表示したい日付形式をいろいろ設定することが可能です。

実用例①

たとえば、

「日付を スラッシュ( / )表示から、年・月・日 の日本語表示にしたいな

といったときなどは、「その他の日付や時刻の形式」から、表示したい形式を選択すると、

年・月・日 の形式に表示を変更することができます。

実用例②

そのほか、たとえば

「『何月何日以前〜』 という表示にそろえたいな」

といった場合なども、この「その他の日付や時刻の形式」に以下のように、直接表示形式を追記することで表現できます。

この「その他の日付や時刻の形式」の便利なところは、

データそのものは日付データのまま、表にみえる表示形式だけ変更できる

という点です。

データは日付データのままなので、たとえば、先ほどのTEXT関数で参照して、曜日を出力することも引き続き可能です。

まとめ:日付の便利ワザ、いろいろ活用してみよう!

日付に関する基本的な便利ワザを3つご紹介しました!

Googleスプレッドシートを最大限活用するポイントは、

  • 表示形式をそろえる・見やすくする
  • 値の形式に注意する (数値、テキスト、日付 のデータ形式を保持する)

だと思います。

日付データを上手く使って、さらにGoogleスプレッドシートを活用しましょう!

ウサギ
ウサギ

特に表示形式を自分で設定できるのは、便利でホレボレするよね・・・!!

イヌ
イヌ

(そうなのか・・・)

ウサギ
ウサギ

実務で使えるGoogleスプレッドシートワザはまたご紹介していきたいと思います!

あでゅ〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です