ブログ初心者がSEOで意識するべきたった1つのこと

イヌ
イヌ

ブログ初心者がSEOで、もっとも意識することは「コンテンツに集中する」こと。
大切なことは、すべてGoogleが教えてくれる。

ウサギ
ウサギ

なるほど!もっと詳しく教えて!

SEOで意識するべきことは「コンテンツに集中する」こと

イヌ:毎日、一生懸命ブログを書いても、なかなか読んでもらえない。

ウサギ:うん。なかなか大変だね。

イヌ:地道にブログの記事を増やしていって、Twitterなどで見てもらうことや、Google検索で見つけてもらうことが必要だね。

ウサギ:そうだね、地道に一歩一歩。

イヌ:ちなみにSEOって知ってる?

ウサギ:検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことだよね。

イヌ:そうそう。昔はGooglebotに良いサイトと判定してもらえるように、SEO対策を実施していたんだ。

Googlebotは、Googleのウェブクローラの総称です。
詳しくは Googlebot – Search Console ヘルプ を参照ください。

ウサギ:いまはそんな対策はしていないの?

イヌ:Googleのアルゴリズムは日々進化していて、ブログのコンテンツの内容などから、本当にユーザのためになるサイトかどうかを判断して、検索結果に反映することができるようになってきたから、小手先のテクニックはあまり役に立たなくなってきたんだ。

ウサギ:へぇ。コンピュータなのにすごいね。

イヌ:人間より「良い記事か」というのを、精度良く判定できるらしい。

ウサギ:すごい。

イヌ:そこで大切なのは「コンテンツに集中する」ことなんだって。

ウサギ:コンテンツに集中。つまり、良い記事を書きなさい。ってことだね。

イヌ:そう。良いコンテンツを書くと、Googlebotがきちんと判定してくれる。

ウサギ:なるほどなるほど。でも、良いコンテンツの指標がないと難しそうだよね。

イヌ:そのとおり。そこで、Googleが公開している情報がとても参考になる。Googleがきちんと、あなたのコンテンツが良質なものかという判断基準を公式ブログで説明してるんだ。

ウサギ:親切。GooglebotをつくってるGoogleがいうんだから、間違いないね。

イヌ:ただ、その解釈が人それぞれになりそうだから、実際にブログを書いて、計測していく必要がありそうだね。

良質なコンテンツとは

ウサギ:たしかにねー。で、具体的にはどんな項目なの?

イヌ:コンテンツを自己評価するための質問があって、

  1. コンテンツの品質に関する質問
  2. 専門性に関する質問
  3. コンテンツの提示方法や制作に関する質問
  4. 比較に関する質問

の4項目が書かれている。

ウサギ:ふむふむ。たくさんある。

イヌ:この質問を元に、自分で記事を振り返ってみるんだ。

ウサギ:なるほどなるほど。

コンテンツと品質に関する質問

イヌ:一つずつ引用していくね。まずは「コンテンツと品質に関する質問」。

コンテンツと品質に関する質問

1.コンテンツは、独自の情報、レポート、研究、分析を提供しているか?

2.コンテンツは、特定のトピックに対して包括的または完全な説明を十分に提供しているか?

3.コンテンツは、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

4.コンテンツが他の情報源から得られたものである場合、単なるコピーや書き換えでなく、付加価値とオリジナリティを十分に提供しているか?

5.見出しやページタイトルは、内容を説明する有用なものになっているか?

6.見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張したり、読者に強いショックや不快感を与えたりするものでないか?

7.ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

8.コンテンツは、雑誌、百科事典、書籍に掲載または引用されるような価値があるか?

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

ウサギ:ふむふむ。8項目あるんだね。

イヌ:最初の3つは「コンテンツの内容そのものについて」、4は「他の情報源から取得した内容にきちんと付加価値を載せられているかどうか」ということを言ってる。

ウサギ:そのままコピーを載せてるんだったら、意味がないうえに問題だよね。

イヌ:そうだね。5,6については「タイトルや見出しについて」。7,8は「広めるべき価値があるコンテンツか」という感じだね。

ウサギ:なるほど。なるほどぉ。・・・これ、めちゃめちゃ大変じゃない??

イヌ:確かにこれをそのまま参考にして書くとなると、ちょっとした論文を書く感じになるね(笑)。

ウサギ:でも、タイトルの部分はわりとすぐできそうかも。

イヌ:確かに。タイトルや見出しでコンテンツをきちんと説明できるようにする、というのが大切そうだね。ブログ初心者は、なんとなくつけてしまうことも多そうだしね。

ウサギ:ウサギはなんとなくつけてるなーと思ってたよ、イヌの記事。

イヌ:う。バレてる。

専門性に関する質問

イヌ:次は「専門性に関する質問」。

専門性に関する質問

1.コンテンツは、明確な情報源、関係する専門知識の証明、著者またはコンテンツを公開しているサイトの背景情報(著者ページへのリンクやサイトの概要ページなど)など、掲載されている情報が信頼性の高いものであることを示すための情報を提供しているか?

2.コンテンツを制作しているサイトを調査した場合、そのトピックに関する権威者としてそのサイトが信頼されている、または広く認識されているという印象を受けるか?

3.コンテンツは、トピックに関して明らかに充分な知識を持つ専門家や愛好家によって書かれているか?

4.コンテンツに明らかな誤情報がないか?

5.お金や人生を左右するような問題について、このコンテンツを安心して信頼できるか?

oogle ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

ウサギ:ここは5項目だね。「権威者」「専門家」「愛好家」とか、似たようなニュアンスの人がたくさんいる。

イヌ:ほんとだね。まぁ項目が「専門性」に関するものなので、ようはコンテンツがきちんと詳しい人によって書かれているか。がサイト内から読み取れるか。という話のようだね。

ウサギ:なるほどー。じゃあ、イヌとウサギじゃ信憑性なさそうじゃん。だって、イヌとウサギだよ。

イヌ:ほんとだね。なんかこの項目をそのまま読むと匿名は不利な感じに見えるなぁ。ただ、ここでいう専門性をサイトできちんと示すことができれば、検索結果が上がるかもしれないので、一旦このまま頑張ってみよう。

ウサギ:よかった。初めて1ヶ月で解散は寂しい。ちなみに、5だけすごい重大な項目だね。「お金や人生を左右するような問題」って、だいぶすごい。

イヌ:そうだね、SEO用語でYMYL(Your Money or Your Life)とも呼ばれるジャンルで、読む人の生活や人生に大きく影響を及ぼす話だから、Googleもより厳格に見てるんだね。一昔前までは、インターネット上の情報は嘘やデマがとても多いし、専門家でもない人たちが書いていたコンテンツがとてもあふれていたからねぇ。。。あ、なるほど。

ウサギ:なに?どうしたの?

イヌ:いまは以前と比べて、「インターネットの情報なんて信じてはいけない」という話は、ほぼ無くなった。その理由って、これまでの検索の歴史の中で信ぴょう性のあるコンテンツをきちんと検索結果に表示されるように、アップデートされ続けているのか。ということに今気づいた。

ウサギ:なるほど。検索結果の質が上がると、おのずと表示されるコンテンツの質が上がるってことか。

コンテンツの提示方法や制作に関する質問

イヌ:次は「コンテンツの提示方法や制作に関する質問」。

コンテンツの提示方法や制作に関する質問

1.コンテンツに誤字やスタイルに関する問題がないか?

2.コンテンツは適切に制作されているか?急いで制作されたような印象を与えていないか?

3.コンテンツが大量生産されていたり、多数のクリエイターへの外部委託によって制作されていたり、大規模なサイトネットワークに散在しており、個々のページまたはサイトのプレゼンスが低下していないか?

4.コンテンツに、主要なコンテンツを妨害したり注意をそらしたりするほどの大量の広告が掲載されていないか?

5.コンテンツは、モバイルデバイスでも適切に表示されるか?

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

ウサギ:こちらも5項目。校正っぽい内容だ。

イヌ:そうだね。1は誤字脱字は信頼性を損ないそうだね。スタイルに関しては、見た目のデザインのことかな。情報を読み取りづらいデザインはよろしくないんだろうね。

ウサギ:あまりにもトリッキーなサイトとかだと、読む気なくすね。

イヌ:2は1にも通じそう。急いで作ったら、誤字脱字が多くなりそうだね。3に関しては、面白いなぁ。

ウサギ:なにが面白いの?

イヌ:おそらく大量生産の記事は、コンテンツの質が伴わないものが多いし、質が伴わないコンテンツが大量にクロールするサイト上に存在してたら、ユーザーも嬉しくないし、Googleも嬉しくないからなんだろうなーと思って。

ウサギ:大量生産で質が担保できたら最高なんだけどね。

イヌ:4の「大量の広告について」は納得。コンテンツの内容が入ってこないような広告は本末転倒だよね。

ウサギ:そうおもう。

イヌ:5の「モバイルで適切な表示」はこれからどんどん重要になってくるだろうね。

ウサギ:たしかにそっか。パソコン持ってなくても、スマートフォンはみんな持ってるしね。

イヌ:そう。ただ「イヌとウサギの日常」はPageSpeed Insightsでのモバイルサイトの成績が芳しくなくてねぇ。

ウサギ:ちょっと、エンジニアイヌなんだから、そこはがんばってこ!

イヌ:はい、がんばります〜。

比較に関する質問

イヌ:最後は「比較に関する質問」。

比較に関する質問

1.検索結果の他のページと比較した場合、コンテンツは十分な価値を提供しているか?

2.コンテンツは、サイトの訪問者が本当に求めるものを提供しているように思えるか?あるいは、検索エンジンで上位に表示するためだけを狙って作成されたように思えるか?

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと

ウサギ:ここは2項目だけだ。

イヌ:1は確かにそうだね。他のサイトと比較して、ウチのサイトを見る価値を提供しなければならないよね。

ウサギ:イヌとウサギの会話を聞きたい。ということだね。

イヌ:イヌ的には少し懐疑的である。この形が。

ウサギ:あああ、その話はやめよう。

イヌ:2でいう、本当に求めるものを提供しているか。という観点でいうと、この記事は「SEOで必要なことはなに?」ということなので、それが届けばOK。

ウサギ:確かに。今回の記事で重要なことは?

イヌ:「コンテンツに集中する」こと。より良いコンテンツを作ることが最高のSEO対策になる。ということです。

まとめ:「コンテンツに集中する」とは

ウサギ:じゃあ、今回の内容をまとめてみようよ。

イヌ:そうだね、こんな感じはどうだろう。

「コンテンツに集中する」とは、以下のようなコンテンツを積み上げること。

1.タイトルがわかりやすく、独自性がある、しっかり考えられたコンテンツであること
2.そのコンテンツを語るにふさわしい人であることがわかるコンテンツであること
3.他サイトと比較して、読む価値があるコンテンツであること

ウサギ:なるほど、よさそう!価値のあるコンテンツをつくっていこ〜!

イヌ
イヌ

まだまだブログ初心者なので、トライ&エラーでやっていこう!

ウサギ
ウサギ

良いコンテンツ積み上げていきましょ〜
またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です