Rustとは?プログラミング初心者は学ぶべき?をわかりやすく解説します!

ウサギ
ウサギ

Rustって、どんなプログラミング言語なの?

勉強したほうがよいプログラミング言語?

イヌ
イヌ

Rustだね!

できるだけ、わかりやすく解説するね〜

ウサギ
ウサギ

お願いします〜

本記事の内容

・Rustについて
・プログラミング初心者はRustを学ぶべきか
・初心者におすすめのプログラミング言語

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社でエンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

この記事を書いているイヌは10年前、独学でプログラミングを始めました。

プログラミング学習を始めようとすると、いろいろなプログラミング言語があって、どの言語から始めたらよいか、わからないですよね。

今回は「Rust」というプログラミング言語について、初学者に向けてわかりやすく解説します!

気楽に読み進めてもらえればうれしいです!

Rustについて

Rustは、2012年に発表されたプログラミング言語です。

比較的新しいプログラミング言語で「信頼性」「パフォーマンス」「生産性」を兼ね備えている言語です。

Rustは静的型付け言語なので、CやJavaのようにコンパイルして実行します。

静的型付けだけであれば、他のコンパイラ言語と変わらないですが、Rustには「所有権」というユニークなシステムがあります。

「所有権」は、簡単にいうと「変数の値(メモリ)を確実に、確保、移動、破棄する仕組み」です。

ぜんぜん簡単じゃないですね(笑)

他のコンパイラ言語の場合は、型の扱いがOKなら、メモリの扱いに少々問題があっても、コンパイル自体は可能です。

Rustの場合は、「所有権」があるため、必ずメモリの状態が正しいことを確保されていないと、コンパイル自体されません。

この「所有権」の取り扱いがなかなか独特で、Rustを使いこなすまでの1つのハードルになります。

ただ、Rustを習得することで、CやC++と同等の高速な動作を確保しながら、メモリセーフなプログラミングを可能となるので、とても人気がでてきているプログラミング言語の1つです。

Webの分野では、ブラウザで動作する「WebAssembly」という仕様をRustで実装することができます。

まだまだ、実用化までには時間がかかりそうですが、先を見越して、Rustを学習するのは、いいアドバンテージになるかもしれません。

プログラミング初心者はRustを学ぶべきか

正直、プログラミング初心者が最初に学ぶべきプログラミング言語ではありません。

Rustは、とても素晴らしいプログラミング言語ですが、初心者がいきなりレーシングカーのF1に乗るようなものです。

プログラミングの経験者でも、Rustを身につけるには非常に時間がかかります。

できるのであれば、どんな言語かをチュートリアルなどで試すのは、良いと思いますが、完全にRustからプログラミングを始めるのは、茨の道です。やめておきましょう。

初心者におすすめのプログラミング言語

初めてのプログラミング言語は、JavaScriptがおすすめです。

パソコンとブラウザがあれば、プログラミングを体験できるので、手軽さでは圧倒的にナンバーワンです。

もしMacをお持ちであれば、最初からRubyやPythonがインストールされているので、RubyやPythonから始めるのもよいですね。


JavaScriptもRubyもPythonも、プログラミング言語の基本は変わりません。

変数があり、関数があり、繰り返しがあり、条件分岐があります。

エンジニアは、はじめに深く学んだプログラミング言語が、考え方のベースになる傾向があると、イヌは思っています。

これは自然言語である日本語でも同じです。あとから英語を学んだとしても、重要な決断や考えることは日本語で考えることが多いでしょう。

できるだけ学びやすいプログラミング言語を選び、学んでいきましょう!


いろいろなプログラミング言語を以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧いただけるとうれしいです。

イヌ
イヌ

Rustの解説でした〜

とても魅力的なプログラミング言語です〜

ウサギ
ウサギ

初心者には難しいけど、どこかでキャッチアップするとよいかも〜

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です