新しいスキルを身につけるためには、習慣を味方につけよう

ウサギ
ウサギ

習慣を味方につける?

イヌ
イヌ

ただ頑張って学ぶだけじゃなくて、

うまく習慣を利用しようねということ。

ウサギ
ウサギ

へー。

詳しく聞かせて〜

どうも、イヌです。満足に睡眠取れないぐらい、仕事をつめてしまい、その上、毎日ブログを書いていて、もうなにやってんだろ。眠い。って思って記事書いてます。


はい、スキルと習慣の話です。

新たなスキルと言っているのは、なんでもいいです。

ブログを書くことでもいいし、Web制作の技術でもいい、システム開発でもいいし、動画編集の技術でも、絵を書くことでも、筋トレでも、なんでも。

何をやるにしても、学習やトレーニングは必要ですね。

一節によると、天才的なのプロになるには、最低1万時間が必要らしいです。

と思って調べたら、そんなことないよ。と記事になってました。マジかよ。

https://www.lifehacker.jp/2019/05/10000-hour-rule-wrong-really-master-skill.html

この記事は必ずしも1万時間必要というわけではない。もっと短くても大成できるよ。というお話。

ということで、時間を書ける必要はあるわけです。何を身につけるにしても。


そこで習慣の力を借りようという話。

みなさん、歯を磨きますよね。最低でも1日1回。マメな人は1日3回とか、食べ終わった事にとか。

歯磨きは習慣になっているので、あまり今日は3回磨こう。明日は1回にしておこう。とはならないはずです。

おそらく、日常生活における自分なりのルーティンができているでしょう。

これがポイント。無意識レベルでできるようになると、本当に強い。

よし、今日こそ歯を磨くぞ!絶対にだ!

って人は、あんまりいないですよね。歯を磨くのは、ほぼ無意識にやっているといっていい。


スキルを身につけるときにまず目指すべきことは、

毎日それをやること

毎日です。2日に1回とか、1週間に1回とか、だと無意識の習慣にはなりません。

毎日なんて、そんなの無理だよ。って聞こえてきそうです。

大丈夫、できる。

なぜなら、

信じられないほどハードルを下げること

がポイントだから。


ブログなら、Twitterかな?っていうぐらい短い文章を書く。
これでもハードル高いなら、3行でもいい。

プログラミングだったら、動く関数を一つ作る。
これでもハードル高いなら、作りたいものをメモをREADMEに書くだけでもいい。

筋トレなら、腹筋1回、腕立て1回、スクワット1回、プランク1回でもいい。
これでもハードル高いなら、ストレッチを1分だけでもいい。

できるかなー。うまくいくかなー。人から変に思われないかなーとか、迷いとか一切ないぐらい負荷の軽いものを、毎日続けること。

そうすると、身につけたいことにずっと触れているので、だんだん肌感覚がわかってくる。

少しずつ、回数を増やしてみようかな。

少しずつ、行数を増やしてみようかな。

という意識もでてくる。

なぜなら、習慣となっていると、

やるかやらないかで迷うことはなくなっていて

どのぐらいやるか、

どのようにやるか、

という次のステップに進むことができるわけです。


このように習慣化することができれば、あとは気長に成長を待つばかりですね。

イヌはブログでの成長を期待して、今日も眠い目をこすりながら、深夜にブログを書いている訳です。習慣ですね。眠い。

新しいスキルを身につけるために、まずは取り掛かること自体を習慣にしてみましょう〜

イヌ
イヌ

ということで、習慣の話でした〜

意外と侮れないのですよ。

少しでも続けるということは。

ウサギ
ウサギ

確かにね〜。

腹筋1回なら、ウサギでもできる!

みんなも試してみてね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です