イヌとウサギの「お金持ちになれる魔法の公式」談義

イヌ
イヌ

きょうはまったりお話しよ〜

ウサギ
ウサギ

まったり話そう〜

お金ほしいよね

イヌ:お金がほしい。

ウサギ:なんだい藪から棒に。

イヌ:ウサギが江戸っ子になった。

ウサギ:生まれは江戸ではないけどね。

イヌ:知ってる。

ウサギ:お金ほしいね。確かに。

イヌ:なんでお金ほしいのかね。

ウサギ:自分で言っておいて、なにそれ。将来の心配事が少なくなるように。とか?

イヌ:実際問題、将来どのくらいお金が必要かわからないのに。

ウサギ:それもそうねぇ。

イヌ:老後2000万円問題とかあったね。

ウサギ:あったね。

イヌ:一概に2000万円でいいのかっていう。

ウサギ:健康に働けるとか、持ち家がなるないとか。

イヌ:田舎で農家さんとかだったら、全然お金かからなそう。

ウサギ:野菜や米で、肉や魚と物々交換。

イヌ:行き着く先感があるな。

ウサギ:農業したことないじゃん。

イヌ:ないね。

ウサギ:農業をなめたらあかん。

イヌ:わかった。

魔法の公式ってなに

ウサギ:ところで。

イヌ:はいはい。

ウサギ:魔法の公式ってなに?

イヌ:「お金持ちになれる魔法の公式」のこと?

ウサギ:怪しさ満点の公式ですごい。

イヌ:知りたい?

ウサギ:知りたい。

イヌ:どうしても知りたい?

ウサギ:どうしても。

イヌ:どうしよっかなー。

ウサギ:じゃあいいや。草でも食べるわ。

イヌ:すみませんでした。

ウサギ:いいよ、聞いてあげる。

イヌ:「お金持ちになれる魔法の公式」は「収入 > 支出」だよ。

ウサギ:え。

イヌ:え。

ウサギ:これだけ?

イヌ:うん、これだけ。

ウサギ:。。。。。。

イヌ:ま、厳密にいうともうちょっと色々あるけど、基本は「収入 > 支出」かな。

ウサギ:なんかガッカリした。

お金持ちになるには基本が一番大切

イヌ:まぁ、そんな事言わずに。

ウサギ:夢がないよね。

イヌ:ないよー。現実だもの。

ウサギ:まぁ、そうだけど。

イヌ:きちんと労働して、お金を稼ぐ。

ウサギ:うん。

イヌ:稼ぎから25%を毎月貯金する。

ウサギ:え、そんなに。

イヌ:残りのお金を支出が超えないようにする。

ウサギ:うん。

イヌ:どんどんお金が貯まる。

ウサギ:貯まるね。

イヌ:貯まったお金で、収入が増えるような投資や、収益が見込めるような投資をする。

ウサギ:うん。

イヌ:なおも25%は貯めながら。

ウサギ:うん。。

イヌ:そしたら、お金持ちだ。

ウサギ:うーん。んー。

イヌ:どうしたの?

ウサギ:ぜんぜん納得感がない。

イヌ:なんで?

ウサギ:当たり前すぎるじゃん。

イヌ:でも、みんなできてないのよ。

ウサギ:うっ。

公式は”シンプル”でも”かんたん”じゃない

イヌ:シンプルなんだけどね。

ウサギ:でも簡単じゃない。

イヌ:その通りです。

ウサギ:そーかー。

イヌ:意識するかしないかが結構重要。

ウサギ:そうなの?

イヌ:これ意識してないと、すぐ「収入 < 支出」になる人たくさんいるから。

ウサギ:おお、そうなのか。

イヌ:なにかしら理由つけて、仕方ないとかいって。

ウサギ:なかなか、辛らつですね。

イヌ:そういう人に限って、キャリア契約の携帯電話とか使ってるんですよ。

ウサギ:あー、格安SIMを使わずに。

イヌ:そう。月で8000円ちかく違うのに。

ウサギ:たしかにー。

イヌ:意識しているかどうかの話だよね。

ウサギ:たしかに。

イヌ
イヌ

お金の話は楽しいから、

またしようね〜

ウサギ
ウサギ

おっけー、また話そう〜

まったね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です