JavaScriptとは?プログラミング初心者は学ぶべき?をわかりやすく解説します!

ウサギ
ウサギ

JavaScriptって、どんなプログラミング言語なの?

勉強したほうがよいプログラミング言語?

イヌ
イヌ

JavaScriptだね!

できるだけ、わかりやすく解説するね〜

ウサギ
ウサギ

お願いします〜

本記事の内容

・JavaScriptについて
・プログラミング初心者はJavaScriptを学ぶべきか
・初心者におすすめのプログラミング言語

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社でエンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

この記事を書いているイヌは10年前、独学でプログラミングを始めました。

プログラミング学習を始めようとすると、いろいろなプログラミング言語があって、どの言語から始めたらよいか、わからないですよね。

今回は「JavaScript」というプログラミング言語について、初学者に向けてわかりやすく解説します!

気楽に読み進めてもらえればうれしいです!

JavaScriptについて

JavaScriptは、1995年に発表されたプログラミング言語です。

発表された当初のJavaScriptは、ブラウザでちょっとした動きをつけるためのプログラミング言語として利用されていました。

最近のJavaScriptは、ブラウザだけにとどまらず、様々なプラットフォームで利用できるようになりました。

Node.jsという、実行環境上であれば、JavaScriptでバックエンド開発ができます。IoTシステムに組み込むこともできますし、AWS LambdaCloud Functionsなど、イベント発生による実行環境での開発とも相性がよいです。

React Nativeという、モバイルアプリケーションフレームワークを利用すると、iPhoneアプリやAndroidアプリをつくることもできます。

TensorFlow.jsという、機械学習用ライブラリを利用すると、JavaScriptのみで、機械学習モデルの開発、トレーニング、実行ができます。


JavaScriptは、Webの進化とともに成長してきたプログラミング言語です。

昔に作られたWebサイトは、いま現在も利用されているため、JavaScriptの仕様は昔の機能を打ち切らずに、新しい機能を追加していく方針になっています。

昔のJavaScriptと最近のJavaScriptと表現したのは、主に2015年から大幅な機能拡張があったためです。

JavaScriptは、ブラウザを作っているさまざまな会社が、それぞれ別の実装していたので、ECMAScriptとして、共通の仕様を定めることにしました。

このバージョンがES1、ES2などとバージョンが更新され、ES6のタイミングで大幅な追加がおこなわれました。これが2015年の出来事です。

このタイミングでESのバージョンはその年自体をバージョニングに含めることになったため、ES5の次は、ES2015という呼び方が正式名称です。ES6は通称とうことになります。


このような経緯があって、ES5とES2015(ES6)以降のJavaScriptは区別されることが多いです。

例えば、ES5までは変数宣言は以下の var のみでした。

var test = 'テスト';
Code language: JavaScript (javascript)

ES2015以降は、 constlet を利用します。

let test = 'テスト'; const variable = '変数';
Code language: JavaScript (javascript)

JavaScriptは後方互換を重視しているので、現在でもvar は利用できますが、推奨される変数宣言ではありません。極力、 const を利用し、どうしても再代入が必要な場合は let を利用するという感じです。

そのためvar しか解説していないサイトなどは、内容が古い可能性があるので、注意が必要だったりします。

プログラミング初心者はJavaScriptを学ぶべきか

イヌのおすすめは、圧倒的にJavaScriptです。

プログラミング初心者ほど、JavaScriptから始めるべきですし、本格的な開発のところまで、JavaScriptでいけます。

開発環境としても、まずはブラウザさえあれば、始めることができます。

パソコンとブラウザがあれば、プログラミングを体験できるので、手軽さでは圧倒的にナンバーワンです。

初期の学習教材も多くあるため、やりたいことを明確にして、その目標に向かって、学習をすすめることをおすすめします。


先ほどもお伝えしたとおり、JavaScriptは、バックエンド開発もアプリ開発も可能です。

最近は、JavaScriptの上位互換である、TypeScriptも人気のある言語です。

TypeScriptは型のあるJavaScriptで、大規模開発が可能となる言語です。

TypeScriptはJavaScriptが利用できることでよりスムーズに利用できる言語なので、TypeScriptを利用するためにも、JavaScriptを学ぶことは相当のアドバンテージになります。

他のプログラミング言語やライブラリ、フレームワークを利用する際も、JavaScriptでプログラミングの概念や開発の基本を学んでから始めると、より理解しやすくなります。

プログラミング言語は1つを深く学ぶことで、横展開が可能なので、1つを使いこなせることを目指すのがよいです。

初心者におすすめのプログラミング言語

JavaScriptがいちばんオススメなのは変わりないです。

ただ周りにJavaScriptに精通している人がいないことが、学習している教材がJavaScriptではないなどであれば、その限りではありません。

もしMacをお持ちであれば、最初からRubyやPythonがインストールされているので、RubyやPythonから始めるのもよいですね。


JavaScriptもRubyもPythonも、プログラミング言語の基本は変わりません。

変数があり、関数があり、繰り返しがあり、条件分岐があります。

エンジニアは、はじめに深く学んだプログラミング言語が、考え方のベースになる傾向があると、イヌは思っています。

これは自然言語である日本語でも同じです。あとから英語を学んだとしても、重要な決断や考えることは日本語で考えることが多いでしょう。

できるだけ学びやすいプログラミング言語を選び、学んでいきましょう!


いろいろなプログラミング言語を以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧いただけるとうれしいです。

イヌ
イヌ

JavaScriptの解説でした〜

イヌ一押しのプログラミング言語です!

ウサギ
ウサギ

なんでもできるんだね!JavaScript!

ウサギもやってみようかな〜

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です