金融投資のまえに、まずは自己投資で収入をふやそう!という話

ウサギ
ウサギ

金融投資と自己投資?

なんか金融投資のほうが良さそうな気がするけど。

イヌ
イヌ

これが、そうとも限らないんだよ。

説明していくねー。

ウサギ
ウサギ

はーい

おはようございますこんにちはこんばんは、イヌです。

今日は、金融投資と自己投資についてです。

ここでいう金融投資とは、株や投資信託、金や国債など、金融に関わる何かしらの商品を購入・保有・売却することで、資産を増やしていくことを言います。

自己投資とは、書籍や、各種学校、スクールで学び、自分の知識やスキルを身につける商品や環境にお金を払い、自分の能力を高めていくことを言います。

さて、今回のテーマは「金融投資のまえに、まずは自己投資で収入をふやそう!」です。

最近はFIREという言葉や、YouTubeでリベ大が流行っていたりなどで、金融投資が多くの人に以前より浸透してきている印象を受けます。

長期投資で、米国株インデックスだ!毎月コツコツ積み立てるぞ!というのは、たしかに正しいと思います。なんだったら、イヌもその知識を得ていたなら、20歳の頃からやりたかった。

とはいえ、若年層のときは、自己投資一択だと、イヌは思うわけです。

会社員をしていると、自分の給料を上げるのとても大変なんですよね。

毎日残業したり、仕事で結果を出したり、コンスタントに会社に貢献したとしても、なかなか昇給につながることが少ないです。

毎日のフローの入金(給料)が少ない状態で、金融投資をしようとしても、なかなか思ったとおり、増えていかないです。

1万円の3%は300円ですが、100万円の3%は30,000円です。

1,000万円の3%は300,000円で、1億円の3%は3,000,000円です。

感覚的には、最低限100万円以上、余剰資金があるところぐらいからが、金融投資のスタートかなと思います。

そのため、余剰資金100万円をあまり苦労せずに用意できるぐらいの能力を身につけるのが良いだろうなと思うわけです。

イヌはフリーランスのソフトウェアエンジニアなので、ビジネス系の会社員だった頃とは、信じられないほどの金額差の収入を得ています。

ただ、そこに至るまでは、自分自身に金銭的にも、時間的にも投資してきました。

運良く、ソフトウェアエンジニアになれて、フリーランスにもなれたため、さて金融投資だ。ということで、ここ2年ほど本格的に取り組み始めています。

このように具体的に、ソフトウェアエンジニアを目指そう。という職業的なものでもいいですし、さまざまな書籍を読んで、見聞を広めるということでもいいともいます。

なにより大切なのは、お金に関するメンタルブロックを早く取り払うことが大切です。

日本人は、いまだに勤勉に貯金をすることが美徳とされて、株は博打、クレジットカードは借金。のような考えを持たれている家庭も少なくないと思います。

その考え方をそのまま無自覚に踏襲するのは、危ないです。

お金は、生きるに当たっての潤滑油です。

自らの考えを確かめるためにも、自己投資して、学習していきましょう!

イヌ
イヌ

ちょっと眠たすぎて、話まとまってないですが。

一旦このへんで〜。

ウサギ
ウサギ

ようは勉強しろってことだね!

お金怖くないよ!

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です