未経験のWebエンジニア転職で「お金を稼ぎたい」「フリーランスになりたい」と言わないほうがいいよという話

イヌ
イヌ

Webエンジニアを目指す人が増えてきてるけど、気をつけてほうが良いなーということをまとめてみました〜

ウサギ
ウサギ

転職のときに気をつけてね〜

タイトルをみて「なんでだろう?」と思ったあなた。

ごらんいただき、ありがとうございます。

最近、Webエンジニアを目指す人が多くなってきているのですが、求職者と企業側の考え方が、根本からズレているように感じ、そのポイントを記事にしました。

これからWebエンジニア転職するひとに読んでもらえると嬉しいです。


イヌは10年ほどWeb系のエンジニアとして仕事をしています。

会社員やフリーランスを交互に移り変わっていて、いまはフロントエンド領域のフリーランスエンジニアです。

現役のWebエンジニアがこんな風に考えているのかという参考の1つにしてもらえるとよいかなと思います。

Webエンジニアはお金が第一にくる人を信用しない

ま、Webエンジニアに限らずだとは思うんですが。

昔ながらの職人気質というか、お金は二の次の人が多い業界だと思います。

Webエンジニアの気質

Webエンジニアは、主に以下の2種類のどちらかを突き詰めたくて、働いている人が多い印象です。

  • ソフトウェアエンジニアリングを突き詰めて、技術に特化して働きたい
  • ソフトウェアエンジニアリングの力を使って、開発に関わるWebサービスを伸ばしていきたい

※ ソフトウェアエンジニアリングというのは、Webサービスをつくる技術のことです。Webエンジニアは、Webサービスに特化したソフトウェアエンジニアのことを指します。

言い換えると

  • 技術中心でエンジニアリングを見ている
  • サービス中心でエンジニアリングを見ている

という感じです。

では、Webエンジニアはお金は興味がないのか?というと、当然そういうわけではありません。

単純に重要度が

技術 or サービス > お金

である技術者が多いというだけです。

「お金が稼ぎたい」に抱く感想

転職のときに、

「なぜエンジニアになって転職しようとしたのですか?」

の答えが、

「お金を稼ぎたいからエンジニアを目指しました」

だと、一発アウトに近いです。

企業のエンジニアとしては、「技術思考のエンジニア」か「サービス思考のエンジニア」を求めています。

お金を稼ぐためにエンジニアになりたいなら、来ないでほしい。と思っています。

例えば、不動産の営業マンなど、その従業員の売上が会社の収益に直結し、そのインセンティブが従業員にバックされる仕組みなら、「お金を稼ぎたい」でもよいかもしれません。

しかし、Webエンジニアとして入社するメンバーには、

  • 技術的に貢献してほしい
  • サービスを推進できるようにしてほしい

と、基本的に考えているので、

  • 「お金を稼ぎたい」

というのは、恐ろしくマッチしてません。

もし、将来的に稼げるエンジニアになりたいという目標があったとしても、いったん胸の中にしまっておきましょう。

「フリーランスになりたい」に抱く感想

転職のときに、

「なぜエンジニアになって転職しようとしたのですか?」

の答えが、

「将来、フリーランスになりたいからです」

だと、

「あ、すぐ辞めそうだな。採用やめておこう。」

となります。

すべての会社がこのように考えるとは限らないですが、多くの採用担当者はこう考えると思います。

ちなみに、イヌは会社員とフリーランスを2年ごとぐらいに渡り歩いていたりします。このような経歴だと、正直会社側から嫌がられることが多いです。

会社としては、採用したからには長く働いてほしいと考えています。

1人採用するにも、企業は多大なコストを払っているので、採用後にすぐ辞められてしまうと、そのコストがペイしないわけですね。

そのため、「フリーランスになりたい」というのは、採用の観点からはあまりプラスには働きません。

なので、「お金」のときと同様ですが、将来的にフリーランスエンジニアになりたいという目標があったとしても、ここでもいったん胸の中にしまっておきましょう。

Webエンジニア転職は技術やサービスの話を中心に考えよう

繰り返しになりますが、Webエンジニアの採用担当としては

  • 技術的に貢献してほしい
  • サービスを推進できるようにしてほしい

と考えています。

この考えにそって、あなたの志向をまとめる必要があります。

技術であれば、

  • どんな技術が好きか
  • 自分の作ったサービスはどのような技術を使っているか
  • 今後どんな技術に挑戦していきたいか

などで、サービスであれば、

  • こんなサービスの開発をしたい
  • サービスを推進することで、このようなインパクトを与えたい
  • サービスを伸ばすために、開発以外にも携わっていきたい

などです。

正直、ソフトウェアエンジニアリングって、好きじゃないと続けれれないところがあります。

Webエンジニア転職まで進めた方は、ここまで続けられた理由があるはずです。

その理由を明確にして、転職に向けて整理すると良いと思います。

転職がんばってください〜!

イヌ
イヌ

自分が採用担当になったとおもって考えてみましょう〜

エンジニア楽しいですよ!がんばって〜!

ウサギ
ウサギ

お金ばっかりだと困っちゃうね!

参考にしてね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です