CSSとは?プログラミング初心者は学ぶべき?をわかりやすく解説します!

ウサギ
ウサギ

CSSってよく聞くんだけど、これはなに?

プログラミングはじめるには、やっておいてほうがいいの?

イヌ
イヌ

CSSだね!

できるだけ、わかりやすく解説するね〜

ウサギ
ウサギ

お願いします〜

本記事の内容

・CSSについて
・プログラミング初心者はCSSを学ぶべきか
・初心者におすすめのプログラミング言語

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社でエンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

この記事を書いているイヌは10年前、独学でプログラミングを始めました。

本格的にプログラミングを始める前は、HTMLとCSSでWebサイトをつくっていました。
はじめてWebサイトが表示されたときは、とても感動したことを覚えています。

プログラミング学習を始めようとすると、いろいろなプログラミング言語があって、どの言語から始めたらよいか、わからないですよね。

今回は「CSS」というスタイルシート言語について、初学者に向けてわかりやすく解説します!

気楽に読み進めてもらえればうれしいです!

CSSについて

CSSは、1996年に発表されたスタイルシート言語です。

Cascading Style Sheetsが正式名称で、ブラウザで定義されているスタイルシートを、ユーザーが定義したスタイルシートで上書きできる仕様のため、Cascading(重ね合わせ)という命名になっています。

実は、スタイルシート言語というのは、プログラミング言語ではありません。

プログラミング言語は、コンピュータに何らかの命令を出して、実行するプログラムを書くために利用されます。

スタイルシート言語は、コンピュータに命令を出さないため、プログラミング言語には当てはまらないのです。

では、なぜCSSを利用するのか。

CSSはHTMLなどの文書とともに利用することで価値がでてきます。

CSSの役割は、HTMLなどの文書をどのように表示するか。を指定することです。

  • 文字の大きさをどうするか?
  • 色をどうするか?
  • 画像の大きさをどうするか?
  • 画像をどの位置に配置するか?

などを、CSSで指定するわけです。

※ HTMLについては、以下の記事をごらんください。読んだら戻ってきてくださいね(笑)


以前のCSSは単純に見た目を変更する機能のみでした。

しかしCSS3という新しい仕様のCSSでは、アニメーションを実行できたり、クリックやタップの動きで見た目を変更したりすることができるようになりました。

JavaScriptというプログラミング言語を利用しないと実現しなかった動きのある処理が、CSSのみで完結できるようになってきました。

CSSの前提は見た目を指定することには変わりないものの、それだけにとどまらない機能が追加されていることは覚えておくとよいでしょう。

プログラミング初心者はCSSを学ぶべきか

Web制作でホームページを作りたいのであれば、CSSは必須です。

HTMLとCSSはベースの知識になるので、ドットインストールやProgateなど、初学者向けのサービスで学習していきましょう。

Webアプリケーション開発をしたい場合も、CSSは必要になります。

現在は、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアで、Web開発の領域を分けることが多いです。

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptを用いて、Webアプリケーションの目に見える部分を開発するエンジニアのことをいいます。

バックエンドエンジニアは、RubyやPython、Node.js、Goなどのプログラミング言語を用いて、フロントエンドに必要なデータを作成、読み込み、更新、削除などの機能を開発するエンジニアのことをいいます。

フロントエンドエンジニアであれば、作るべきデザインをすべてWebに表現することは必須です。

バックエンドエンジニアですと、直接フロントエンドを触ることは少ないですが、最低限の使用方法がわかってないと困ることがありますので、簡単に学習しておくことをおすすめします。

初心者におすすめのプログラミング言語

ここまでCSSについて解説してきました。

はじめてプログラミングをやろう!と思ったときに、選択肢に上がるのが HTML / CSSであることが多いです。(ドットインストールやProgateなどでもそうですね)

実はHTML / CSSからはじめるのは、おすすめしません。

JavaScriptから始めることをおすすめします。

なぜかというと、HTML / CSS → JavaScript という流れで学習を始めると、HTML / CSSはサクサク進んでいたのに、突然 JavaScript で難易度が上がり、詰まってしまう人が多いのです。

そのため、まずは JavaScript から学習をしてから、HTML / CSS を学びましょう。難しい方から進めるほうが挫折しづらいので、おすすめです。

もしMacをお持ちであれば、最初からRubyやPythonがインストールされているので、RubyやPythonから始めるのもよいですね。

どちらにせよ、HTMLの「マークアップ言語」やCSSの「スタイルシート言語」ではなく、まずはJavaScriptなどの「プログラミング言語」から学習することをおすすめします。


ちなみにCSSはHTMLとならび、初心者向けとして紹介されることが多い2つですが、しっかりと利用するのは結構難易度が高いです。

なぜならプログラミング言語と違い、明確にエラーが出ないからです。

初心者向けなのに、なかなかうまくできないなんて、なんてダメなんだ。とならなくてOKです!現役エンジニアも全員完璧ではないです。なので、安心して、学習を続けてください(笑)


JavaScriptもRubyもPythonも、プログラミング言語の基本は変わりません。

変数があり、関数があり、繰り返しがあり、条件分岐があります。

エンジニアは、はじめに深く学んだプログラミング言語が、考え方のベースになる傾向があると、イヌは思っています。

これは自然言語である日本語でも同じです。あとから英語を学んだとしても、重要な決断や考えることは日本語で考えることが多いでしょう。

できるだけ学びやすいプログラミング言語を選び、学んでいきましょう!


いろいろなプログラミング言語を以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧いただけるとうれしいです。

イヌ
イヌ

CSSの解説でした〜

Webの基本技術です!

使えるようになりましょー

ウサギ
ウサギ

HTMLと一緒に学ぼ〜

またね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です