イヌとウサギの格安SIMとプロバイダのお話

イヌ
イヌ

今日は「格安SIM」と「プロバイダ」のお話だよ!

ウサギ
ウサギ

格安!格安!わー!

きょうは格安SIMとプロバイダについて、3つお伝えします!

副業?まずは格安SIMに変更しよう!

イヌ:今日は格安SIMですよ。ウサギの好きなカクヤス。

ウサギ:それは、お酒を爆速で運ぶお店。ふふふ、今日の話題は知ってる、格安SIM。

イヌ:なるほど、ご存知でしたか。じゃあ、今日はここまで。あでゅー。

ウサギ:この記事が成り立たないので、続けてください。

イヌ:はい。最近、副業が流行してますよね。

ウサギ:とつぜんすぎる。そうですね、最近、よく聞きますね副業の話。

イヌ:私は思うわけです。やれ投資信託だと、やれブログだと、やれプログラミングだと。その前に、手元を見直すべきなのですよ。収入を増やすことも大切だが、支出を減らすことが先決ですよと。

ウサギ:なに、その口ぶり。口ぶり以外は、まぁそう思うかな。

イヌ:貴方たちは既存の3大キャリアの見直しをしていないのかと。

ウサギ:最近、首相が携帯電話の料金高いから安くしなさいよ。という話をニュースではみたけどね。

イヌ:まぁ、3大キャリアの月額料金が格安SIMほどの料金になったら、この記事はさようならです。

ウサギ:いまのところ、まだ大丈夫。負けないで。

イヌ:よかった、がんばる。ということで、通信が安定してるとか、会社が信頼できるとか、手続きが大変そうだとか、さまざまな理由で毎月1万円前後の料金を払い続けている、そこのあなた。

副業はじめるまえに、毎月8,000円ゲットしませんか、格安SIMに変更して。

ウサギ:毎月2,000円でよいということだね。

イヌ:そうそう。

ウサギ:まるで一度格安SIMに変更すると、ずっと8,000円もらえるみたいで、すごい。

SNS好きなら「LINEモバイル」!通信速度なら「ワイモバイル」!

ウサギ:でも格安SIMって、めちゃめちゃ種類あるよね?選べなくない?

イヌ:めっちゃあるね。ほんと、選択肢がありすぎると、逆に選べなくなっちゃうアレね。

ウサギ:アレってなに?

イヌ:「選択の科学」ですね。

ウサギ:ジャム実験。ウサギはおいしいイチゴジャムがあれば、それでいいやー。

イヌ:ということで、今回は実際に利用したことがある2つの格安SIMにしぼってみました。

ウサギ:わかりやすくてよいよい。

音楽もSNSも楽しみたいなら「LINEモバイル」

イヌ:1つ目が「LINEモバイル」。

ウサギ:ウサギもLINEモバイル〜。本田翼、かわいい。

イヌ:イヌが入ったときはベッキーがCMしてたかな。戻ってきてこれてよかったね、ベッキー。

ウサギ:優しい心持つように、心がけようと思う。

イヌ:深いね。

ウサギ:うん。

イヌ:ということで、LINEモバイルは、発表当初から以下を推していました。

  1. SNSし放題プラン
  2. 音楽聴き放題プラン

あと、イヌが入会したときはLINEポイントがたくさんもらえたので、スタンプほしさに入会したのもあった。

ウサギ:たしかに、安めのスタンプたくさん買えた記憶。

イヌ:いまのプランは、以下のようにプラスオプションで提供しているようだね。

ウサギ:容量制限がきたとしても、LINEやSNS、音楽ストリーミングサービスが利用できるのはうれしい。

イヌ:うれしいよね。LINEモバイルをはじめた当初、対象の音楽ストリーミングサービスはLINE MUSICだけだったのに。

ウサギ:ユーザーにうれしい変更があったんだねー。すてきだ。

格安SIMの料金で、3大キャリアの安定感「ワイモバイル」

イヌ:LINEモバイル、けっこう満足してたんだけど。。

ウサギ:だけど?

イヌ:人が混み合うところで、通信遅延がけっこう発生してたんだよね。

ウサギ:そうなんだ。ウサギはあんまり気になったことなかったけどな。

イヌ:以前、大きなターミナル駅で電車乗り継ぎのために歩く場所があって、決まって速度が遅くなるから、困っていて。

ウサギ:使いたいときに使えないのは困るね。

イヌ:そんな折、ひょんなことから「ワイモバイル」を知って。

ウサギ:最近はCMがすごいねー。芦田愛菜ちゃんが大人になっててビックリ。

イヌ:まだ中学生というのも驚きだけど。

ウサギ:マジか。

イヌ:そう。それで「ワイモバイル」調べてみたら、ソフトバンク回線をそのまま利用しているって話を聞いて。それなら通信状況もよいのでは?となって、乗り換えを決意。

ウサギ:そうだったのね。

イヌ:月額料金も、LINEモバイルからプラス1,000円ぐらいだったので、これはよいなと。

ウサギ:ふむふむ。

イヌ:そうしたら、速度自体の遅延を感じることはなくなりました。すばらしい。

ウサギ:おー、効果があったんだ。すばらしい。

ギガ不足も怖くない!プロバイダ契約でおうちWi-Fi!

ウサギ:でも、格安SIMって、ギガ不足になったあとの追加ギガが割高になってたりすんじゃないの?

イヌ:。。。(ギガが容量増減する単位で使われるようになったの面白いよな。。。)

ウサギ:聞いてる?

イヌ:あ、聞いてる聞いてる。確かにそういうこともあるかもね。正直、厳密に計算したことがないから、わからないや。

ウサギ:富豪か。富豪のセリフだ。

イヌ:いや、自宅だとWi-Fiあるから、ほぼ格安SIMの容量つかってないからね。

ウサギ:確かに。そりゃそうだ。でも、いま若者の一人暮らしとかだと、インターネット契約しないで、スマホだけで済ませてるとか。

イヌ:パソコン持っていない層はそうかもねー。ただ、最近は家にいることも多いだろうから、インターネットプロバイダに契約することも検討してもよいかもね。

ウサギ:というと?

イヌ:3大キャリアのギガ放題のようなプランと、格安SIM+プロバイダ契約(Wi-Fi)で考えたら、どっちが得になるか。のような話。

ウサギ:あー、たしかに。

イヌ:この電話やインターネット関連で気をつけなきゃいけないのが「縛り(しばり)」問題。

ウサギ:縛り?

イヌ:最低利用期間が定められていることがあって、2年縛りの契約であれば、2年以内の解約で違約金1万円いただきます。のような契約のこと。これはあくまで例だけど。

ウサギ:え、嫌になってもやめられないじゃん。

イヌ:そうなのよ。だから、イヌが契約するときは最低利用期間が設定されていないサービスを選ぶことが多いの。いつやめてもいいように。

ウサギ:なるほどねー。

イヌ:最近「NURO 光」っていう、とても速度が速いプロバイダがあるんだけど、ここは縛り付きなので、はじめてのかたにはおすすめしない。

ウサギ:ふむふむ。

イヌ:イヌは割と長いこと「BBエキサイト」を利用しているんですよ。ここは最初から縛りがなくて、いつでも解約できる。

ウサギ:なるほどー。

イヌ:インターネットの契約となると、昔は回線とプロバイダを別に契約する必要があったりしたんだけど、最近は、回線もプロバイダも一緒に契約できるパックが多くなってきたので、少しわかりやすくなったかなー。

ウサギ:へー。

イヌ:ちなみに、解約違約金が発生しないプロバイダを選んだとしても、光回線が導入されていないマンションや戸建てだった場合は、工事費が分割で発生するはずなので、途中解約の場合は気をつけてー。この工事費はどのプロバイダを選んでも発生するけど、タイミングによってはキャンペーンもあるから、検討してみてもよいかもね。

ウサギ:いろいろあるんだねー。

お得な選択をして快適なインターネットライフを!

イヌ:格安SIMとプロバイダ、わかった?

ウサギ:むずかしかったけど、3大キャリアから格安SIMにしておいたほうが良さそうというのはわかった。

イヌ:いい感じで伝わって、うれしい。

イヌ
イヌ

ま、難しいよね、いろいろ。

ウサギ
ウサギ

なんで最後にあきらめた。

イヌ
イヌ

でも格安SIMに変更するだけで、年間10万円ぐらい節約になるんだから、ぜひ検討してほしい。

ウサギ
ウサギ

それはそう。

イヌ
イヌ

また、違う切り口で「格安SIM」や「プロバイダ」について話します〜

ウサギ
ウサギ

たのしみ!

まったね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です