C言語とは?プログラミング初心者は学ぶべき?をわかりやすく解説します!

ウサギ
ウサギ

C言語って、どんなプログラミング言語なの?

勉強したほうがよいプログラミング言語?

イヌ
イヌ

C言語だね!

できるだけ、わかりやすく解説するね〜

ウサギ
ウサギ

お願いします〜

本記事の内容

・C言語について
・プログラミング初心者はC言語を学ぶべきか
・初心者におすすめのプログラミング言語

本記事の信頼性

イヌ
イヌ

・小規模の開発会社、上場企業2社でエンジニアを経験

・正社員、フリーランス合わせて10年以上エンジニアとして活動

・現在、フリーランスエンジニアとして時給5桁で活動中

この記事を書いているイヌは10年前、独学でプログラミングを始めました。

遡ること20年前、イヌが一番はじめに触れたプログラミング言語はC言語でした。
信じられないほど、何もわからなかった記憶があります(笑)

C言語について

C言語は、1972年に発表されたプログラミング言語です。

40年以上前に生まれたプログラミング言語ですが、いまでも第一線で利用されています。

家電やスマートロックなどのハードウェアの制御で利用されていたり、Linuxのようなオペレーティングシステム(OS)※1の開発をしたり、プログラミング処理系もC言語で開発されたりしています。

※1: オペレーティングシステムとは、WindowsやMacOSなどコンピュータを動かすための基本ソフトウェアのこと。Linuxは、そのOSのうちの一つ。


プログラミング処理系を簡単に説明すると、RubyやPythonという「プログラミング言語」自体を、C言語で作っています。

「プログラミング言語」自体も「プログラミング」で作っているわけです。

プログラミング言語自体を作っちゃってるんですよ。もう意味わからないですよね。

例えば、スマートフォンは使うことはそんなに大変じゃないですよね。

新しいスマートフォンでも、触ってるうちに使えるようになりますよね。

で、スマートフォンを作るのは、どうでしょう?大変ですよね(笑)?


C言語は汎用プログラミング言語と呼ばれて、基本プログラミングにかかわることであれば、何でもできます。

ただ、比較的新しいプログラミング言語であるRubyやPythonと、同じことをC言語でやろうとすると、膨大な時間がかかることになります。

膨大な時間がかかる理由は、C言語はコンピュータ寄りのプログラミング言語、RubyやPythonはエンジニア寄りの言語だからです。

C言語は、コンピュータに事細かく指示をして、どんなときに何をするかが明確になるように、プログラミングを書く必要があります。

具体的にはメモリ管理などです。プログラミング初学者の人は、「C言語はメモリ管理もエンジニアがしなくちゃいけないんだな」ぐらいを頭の片隅に置いてもらうぐらいでいいと思います。

一方、RubyやPythonは、エンジニアが実現したいことをしやすいようにプログラミングを書けるような設計になっています。

メモリ管理も自動でRubyやPythonがやってくれるので、本質的なコードを書くことに集中できます。

ちなみに、自動でメモリ管理をしてくれる仕組みをガベージコレクションといいます。RubyやPythonはガベージコレクションが搭載されています。

プログラミング初心者はC言語を学ぶべきか

C言語は、初めて学ぶプログラミング言語としては、おすすめしません。

プログラミング初学者には、正直難しすぎます。

Webエンジニアを目指すことが目標であれば、RubyやPythonなど、Webアプリケーションが作りやすいプログラミング言語をおすすめします。


先ほどお伝えしたように、C言語は汎用プログラミング言語のため、さまざまな場面で活躍できるプログラミング言語です。

少し専門的な話になりますが、

  • プログラミング言語自体を作りたい
  • 言語処理系のコンパイラを作りたい
  • メモリ容量が極小の環境でプログラミングを実行する必要がある
  • 実行速度の性能がとても求めらる環境

などであれば、C言語を身につける必要があるかもしれません。

プログラミングを深く学んでいくにつれて、C言語を読み書きする機会がでてきたときに、挑戦することがよいと思います。

初心者におすすめのプログラミング言語

初めてのプログラミング言語は、JavaScriptがおすすめです。

パソコンとブラウザがあれば、プログラミングを体験できるので、手軽さでは圧倒的にナンバーワンです。

もしMacをお持ちであれば、最初からRubyやPythonがインストールされているので、RubyやPythonから始めるのもよいですね。


JavaScriptもRubyもPythonも、プログラミング言語の基本は変わりません。

変数があり、関数があり、繰り返しがあり、条件分岐があります。

エンジニアは、はじめに深く学んだプログラミング言語が、考え方のベースになる傾向があると、イヌは思っています。

これは自然言語である日本語でも同じです。あとから英語を学んだとしても、重要な決断や考えることは日本語で考えることが多いでしょう。

できるだけ学びやすいプログラミング言語を選び、学んでいきましょう!


いろいろなプログラミング言語を以下の記事で紹介しています。

あわせてご覧いただけるとうれしいです。

イヌ
イヌ

C言語の解説でした〜

扱いやすいプログラミング言語から学ぶことをおすすめします〜

ウサギ
ウサギ

C言語、むずかしいんだね。よくわかった!

まったね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です